あらゆる情報共感サイト

シコジン.net

ビットフライヤーとは

仮想通貨

ビットフライヤーとはどんな会社?面倒な部分と口コミ・評判を実調査

更新日:

仮想通貨を始めるのに取引所を開設したいんだけどビットフライヤーってどんな特徴があるんだ?
いざ仮想通貨を始めようと思いネットなどで調べてみるとビットフライヤー(bitFlyer)は必ず検索上位に表示されるほど有名な取引所です。テレビCMやYoutubeの宣伝などで見た事がある人もおられるのではないでしょうか?

このページでは

ビットフライヤー(bitFlyer)とはどんな取引所なのか?
どんな仮想通貨(コイン)を取扱っているのか?
☑セキュリティー面は安心できるのか?
☑登録するには何をしなくてはいけないのか?

…などなどビットフライヤー(bitFlyer)ならではの特徴を挙げながら実際に利用している私の感想なども少し付け加えて紹介していきますね。

大切なお金を預けるのだから少しでも安心できる取引所にしたい!そんな人にビットフライヤー(bitFlyer)はおすすめできる仮想通貨取引所です(^^)※理由は後ほど!

スポンサーリンク




ビットフライヤー(bitFlyer)とは?

ビットフライヤー(bitFlyer)
ビットフライヤー(bitFlyer)の特徴をまずザックリと紹介すると

日本一の取引量・ユーザー数・資本金
世界一のセキュリティを誇る
☞名だたる日本の大企業が資本金を出資している
☞ビットコインで買物ができる仕組みがある

などの実績と安心と実用性がある仮想通貨取引所です。
[その他の特徴]

☞未成年でも開設できる
☞FX取引のようにレバレッジを掛けて取引できる(投資上級者向け)
☞積み立て投資もできる
☞アメリカ進出を果たしている

会社概要

ビットフライヤー(bitFlyer)
設立:2014年1月9日
資本金:41億238万円(資本準備金含)
本社所在地:〒107-6208 東京都港区赤坂 9-7-1 ミッドタウン・タワー 8F
代表取締役:加納裕三

ビットフライヤー(bitFlyer)のセキュリティ面は?

ビットフライヤーのセキュリティシステムは世界一の評価を受けており同社の代表取締役社長である「加納裕三」氏も自身のtwitterでそう呟かれていました。
↓↓↓


2018年1月26日に発生したコインチェック社の「ハッキングによる仮想通貨(ネム)の約580億円もの流出事件」により当時上昇気流にあった仮想通貨市場も陰りを見せ各通貨の値段も下落しました。

ニュースでも大々的に取り上げられ私のおかんなども「仮想通貨なんて怖い!」とぼやいてしまうほど,世間一般的に不安が生じてしまいましたよね。(それよりもおかんが仮想通貨を知っている事に1番びっくりしましたが)

しかし,それに反するように後日ビットフライヤー社は世界一のセキュリティ評価を得ていました。

これから仮想通貨を始めてみようと思っている人には最適な取引所ではないでしょうか?

私は上記のハッキング事件があった後すぐにビットフライヤー社から「(わが社の)セキュリティ面は安心です!」的な通知が送られてきたのが印象的でしたね(笑)

…いやいや同業者としてはこれで仮想通貨市場が衰退してしまってはたまらないですものね(^^;)
ビットフライヤー(bitFlyer)
他にも
・SSL通信システム
・二段階認証システム
・本人確認の徹底化
などのセキュリティシステムを搭載しています。

仮想通貨損害補償制度がある

ビットフライヤーには二段階認証登録ユーザーを対象に損害補償制度があります。規約の運営のため三井住友海上火災保険株式会社と損害補償契約を結んでおり,よりユーザーが安心して仮想通貨取引ができるようになっています。規約の詳細は(長くなるので)割愛させて頂きますので詳しく知りたい人は公式サイトを参考にして下さいね。

(ビットフライヤー公式サイト)
トップページ
↓↓↓
会社概要
↓↓↓
メールアドレス・パスワード等の盗取による不正な日本円出金に伴う損害補てん規約

大企業が資本金を出資

ビットフライヤー(bitFlyer)
ビットフライヤー(bitFlyer)は「三井住友銀行SMBCベンチャーキャピタル」「みずほファイナンシャルグループ」など日本の名だたる大企業が株主として資本金を出資されています。

これだけ多くの大企業がビットフライヤー(bitFlyer)の将来性を信用してお金を出資しているのも安心に繋がる要因の1つですね。「日本一の資本金がある仮想通貨取引所」というのも納得できます。

ビットフライヤー(bitFlyer)の取扱いコインは?

ビットフライヤー(bitFlyer)
ビットフライヤーでは7種類の仮想通貨取引ができます。

[取扱いコイン]

・ビットコイン
・イーサリアム
・ビットコインキャッシュ
・イーサクラシック
・ライトコイン
・モナコイン
・リスク(2018年1月31日取引開始)

仮想通貨の二大勢力である⇒「ビットコイン」「イーサリアム」は当然取引できます。その他にもビットコインの抱えるスケーラビリティという問題を解決するべく生まれた⇒「ビットコインキャッシュ」2018年1月31日に取引開始された⇒「リスク」などがあります。

「たった7種類しか取引できないのか」と思ってしまう人もおられるかもしれませんが日本の仮想通貨取引所は全般的に取扱いコインは少ないです。(トークンをのぞけばコインチェックの13種類が最大)

※「もっと色んな仮想通貨を買いたい!」と言う人には中国の仮想通過取引所である「バイナンス」を開設する事をお勧めします。約100種類の仮想通貨が購入できまだ価格が安く将来何十倍にも化けるかもしれない草コインがたくさんあります。

大穴コインを狙うならお勧めです。…がまだ価値の無い草コインがそのまま無価値で終わる可能性もあるので投資は自己責任で(^^;)

私がビットフライヤー(bitFlyer)をおすすめできる理由

ビットフライヤー(bitFlyer)
私が実際にビットフライヤーを利用してここが使いやすいなと感じた点を紹介します。

サイト自体が見やすい

ビットフライヤー(bitFlyer)
ビットフライヤー(bitFlyer)公式サイトは他の仮想通貨取引所よりも視認性が良いので使いやすい印象を受けました。

スマホアプリも開けばすぐ取扱いコイン価値の増減がわかり自分の資産が2秒ぐらいでわかります。
(ちなみにアプリのスマホ電池消耗度も普通です)

取扱いコインが少ないから見やすいという理由もあるのですが投資初心者の方が最初に登録するならこのビットフライヤー(bitFlyer)にして投資というモノに触れ,折れ線曲線などに慣れてきたら違うサイトでも仮想通貨売買を試してみると言うのも良いかもしれませんよ。

セキュリティ面で安心できる

ビットフライヤー(bitFlyer)
ページ上記にも書きましたが,ビットフライヤー(bitFlyer)は世界一のセキュリティ評価を受けた仮想通貨取引所です。

最高強度のDigiCertと呼ばれる次世代暗号システムを採用しており入出金は人が確認,コールドウォレットでコインを保管しており,日本の名だたる大企業も資本金を出資しているという点も信用のある会社として安心できる要因でしょう。

ビットコインで買物できる

ビットフライヤー(bitFlyer)
ビットフライヤーでは日常生活でもビットコインで支払いができるようにビットコイン決済システムを取り入れています。

有名どころで言えばビックカメラと提携し全国のどの店舗でもビットコインで支払いができるようになりましたね。

また公式サイト(PCのみ)で「ビットコインを使う」をクリックすればビットコインで購入できる通販商品もあります。
(2018年2月時点では主にアマゾンギフト券)

私としては仮想通貨をもっと日常でも使えるようになったら一般的な通貨として普及していくのでは無いかと個人的に思っています。仮想通貨の多くは投資対象として取扱われている現状ですが決済手段として使える店舗が増えればもっと一般的に利用する人が増えその利便性に気づく人も多いのではないかと思います。

銀行振り込みなどに比べて手間も手数料も安いですからね(^^;)

※今のところ,この決済システムはまだまだ不安定でありコインチェックのハッキング事件後は仮想通貨の信用性に不安を覚える企業も増えたのでまだまだビットコインが日常の色んなシーンで使えるという現実は遠い気がします。しかし,いつか普通に仮想通貨で色んな支払いができる未来になるという可能性もあるので今回おすすめできる理由の1つにさせてもらいました。

ビットフライヤーではこの決済システムを普及させる取り組みがありますので期待して待っていましょう。

ビットフライヤー(bitFlyer)の口コミ・評判

ここでビットフライヤーを実際に利用している人の口コミや評判を見ていきましょう。

良い口コミ・評判

<30代 女性>

ビットフライヤー(bitFlyer)
とにかくセキュリティ面で安心感がある!仮想通貨の仕組みは安心だと言われていてもコインチェックの「ハッキング事件」などもあるし始めるのはやはり不安を伴います。ビットフライヤーはセキュリティが充実していてそれを裏付ける証拠もあるので安心して仮想通貨取引をするのに最適だと思っています。

<30代 男性>

ビットフライヤー(bitFlyer)
余剰資金を安心して運用したいから取引所から日本円を出金したい時も銀行営業日なら当日~1日以内に振り込まれるし,銀行のほとんど期待できない利子のために預金を眠らせておくよりは安心できるビットフライヤーで利益を出した方が賢い資産運用だと思っています。

<40代 男性>

ビットフライヤー(bitFlyer)
FX取引でデイトレードできるのが魅力的ビットフライヤーライトニングを使って投資活動をしています。昔ほどビットコイン・イーサリアムの大幅な値上がりはもう期待できないと思っているのでFXトレードでレバレッジを掛けて利益を出せるようにしています。証券会社に口座を開いて取引するよりも簡単で出金手続きも早いです。

悪い口コミ・評判

<30代 男性>

ビットフライヤー(bitFlyer)
手数料が高いと思う…。私は千葉銀行を普段から利用しているのですがビットフライヤーでは三井住友銀行じゃないと倍近く手数料が違うと聞きました。事実3万円未満なら三井住友⇒216円でそれ以外の銀行⇒540円と割高です。三井住友を利用している人ならあまり不便は無いかもしれませんがわざわざ銀行口座を開きに行くのも面倒なのですが…。どの銀行でも一律にしてもらえないかと思っています。

<40代 男性>

ビットフライヤー(bitFlyer)
スプレッドの差が大きすぎる。ビットコインもそうですがアルトコインでも購入した時点での「購入価格」と「売却価格」の差が大きすぎると思います。値動きの激しい仮想通貨だから良しとしているのかはわかりませんが買った時点で凄くスプレッドの差が生じているのは気に掛かります。セキュリティ面でお金を掛かっているのでこの辺で埋め合わせしているのでしょうか?

総評~口コミ・評判

ビットフライヤーの口コミ・評判を見てみるとやはり「安心感」を評価する口コミが多いですね。後は投資上級者向けのFXトレードができる点も利用者の評価は高いようです。

気に掛かるのは「手数料」と「スプレッドの差」ですかね。私は三井住友銀行を元々利用していたので手数料もあまり気に掛けていませんでしたが他の銀行の人は倍近くも違ってくるのは少し驚きました。

あとはスプレッドという購入価格と売却価格の差が投資に慣れている人には低評価です。セキュリティ面にお金掛けすぎてるからこのスプレッド差で埋め合わせをしているとしたら…文句言いづらいかもですね(^^;)会社が儲けようとしているのか埋め合わせで高くせざるを得ないのかは公表されていないので正直不明です。

ビットフライヤー公式サイトへ

ビットフライヤー(bitFlyer)での入出金

ビットフライヤーに登録したら当然ながら入金しなければ取引を開始できません。

初めて利用する人には

・いつ入金反映されるのか?
・出金はどれぐらいで反映されるのか?
・手数料はどれぐらい掛かるのか?

が気になる点ではないかと思います。

ここではその3点に焦点を絞って紹介しますね。

ビットフライヤーで入金

ビットフライヤーでの入金方法は

・通常入金
・クイック入金

二つの方法があります。

通常入金⇒銀行での入金が当日扱いなら原則その日に反映されます。翌日扱いなら銀行の翌営業日の9時~順次に入金処理され反映されます。※住信SBIネット銀行へ入金する場合は原則として土日も入金反映されます。

私は三井住友銀行宛に平日A.M10:00頃に入金してその30分後には反映されていましたね。早いものだなと思った記憶があります。
クイック入金⇒24時間365日いつでも入金でき,ビットフライヤーに承認されれば即時に反映されます。ただし1件につき324円の手数料が別途に掛かります。

ネットバンク,コンビニ決済,Pay-easy(ペイジー)から入金できます。私はまだ利用したことがありませんが「この仮想通貨は5分後に値上がりする!きっとそうだ!きっと…」と確信が持てたら手数料なんて気にせず利用しましょう(^^;)

ビットフライヤーで出金

ビットフライヤーではAM11:30までの出金依頼なら原則当日中に,それ以降なら翌銀行営業日に反映されます。

これも三井住友銀行宛に平日A.M10:00頃に出金依頼してみると2時間後のP.M12:00には反映されていました。これまた早いものだと思った記憶があります。
昔株式投資で証券会社に出金依頼をした際,2,3日反映されないのが普通だったので,この仮想通貨出金も「本当に当日反映されるのか?」と少し疑わしく思っていましたが当日すぐにお金が戻ってきたのでどこか安堵感もありましたね(^^;)

この迅速さも仮想通貨取引の良さかもしれませんね。

※入出金とも毎月5・10日、週始め、祝日明け、月末等は金融機関の処理に時間が掛かり反映が遅れる可能性があると公式サイトに記載されています。即日中に入出金されない可能性も否定できないので余裕を持って手続きする事をおすすめします。

ビットフライヤーの手数料

入金⇒銀行手数料が掛かります。三井住友銀行では216円取られました。

クイック入金⇒1件につき324円(税込)銀行手数料が掛かります。

出金⇒銀行によって手数料が変わります。

出金額が3万円未満の場合 出金額が3万円以上の場合
三井住友銀行の場合 216円(税込) 432円(税込)
三井住友銀行以外の場合 540円(税込) 756円(税込)

クレジットカード決済

ビットフライヤーではVISA,MASTER CARDでクレジット決済が利用できます。
(本人確認書類の提出と銀行登録を済ませているのが必要条件です)

2018年2月時点では「ビットコイン」と「イーサリアム」のみ購入できます。

<メリット>
・銀行などにわざわざ入金手続きをしなくて良い
<デメリット>
・クレジットカードで購入したビットコインは購入後1週間は売却,送付ができない
・手数料説明がわかりづらい(およそ7%~10%掛かる)

なぜ購入してから1週間売却などができないのか,手数料がいくら掛かっているのか公式サイトではっきりとした説明がありませんので真相は不明ですが,実際にカードで購入した人が手数料計算したところ7~10%掛かっているそうです。

1万円買えば700円以上手数料として取られるのは高いですよね(^^;)

私は最初ビットフライヤーアプリで「クレジットカードで買う」という項目を見つけた時,利用しようかと心が揺れましたが上記のデメリットがあったのでやめました。普段はカードばかり使ってるんですけどね…(使いすぎないようデビットカードでw)。

ビットフライヤー登録方法

ビットフライヤーに登録するには何種類か方法がありますが,ここでは私が実際に行なった登録方法を紹介します。
※文字にすると色々手続きが面倒に見えますが私はスマホだけで登録できました。

★ざっくり言うと
第一段階
・公式サイトでメールアドレスを登録する
・自動返信されたメールのURLへアクセス
・二段階認証を設定する(少し面倒)

第二段階
・本人情報(名前・住所など)を登録
・本人確認書類を提出(かなり面倒)
・取引目的を記載

第三段階
・ビットフライヤーから簡易郵便物を待つ

公式サイトでメールアドレス登録

ビットフライヤー(bitFlyer)
まずビットフライヤー公式ページにてメールアドレスを登録します。

※他にも「Facebookアカウント」「YahooID」「Google」でもアカウント作成できます。

自動返信されたメールのURLへアクセス

登録したメールアドレス宛に自動返信メールにて本人情報を登録するためのURLが記載されたメールが届くのでクリックしてアクセス。

二段階認証を設定する

ビットフライヤー(bitFlyer)
二段階認証させるために「Google Authenticatar(アプリ)」をインストールし,記載されている6桁の番号を入力する。
※他にも「Authy」「Google認証システム」などを利用できます。

この二段階認証させる為にアプリをインストールして…などが正直,面倒ですが他の仮想通貨取引所でもこの二段階認証は必須になってきます。1度アプリをインストールしておけば他の取引所でも利用できますので最初は面倒ですが済ませときましょう。

本人情報を登録する

公式サイトにて名前・住所・電話番号を登録します。

本人確認書類を提出

ビットフライヤー(bitFlyer)
自分の免許証を名前・住所・顔がわかるように写真を撮り公式サイトにアップロードする。

・免許証の場合,両面を送る必要がある
・免許証を持って自分の顔も一緒に写ったモノも送らなければいけない

※免許証のほかに「パスポート(顔写真付き)」「各種健康保険証」「個人番号(顔写真付き)」などで提出可能です。

これは正直かなりめんどくさいです!

でも他の仮想通貨取引所でも同等の手続きが必要です。一度写真を撮ってしまえば他の取引所でもそれを使いまわしできるので最初は面倒でも我慢して用意しましょう(^^;)

免許証の場合ビットフライヤーでは免許証を持った自分の写真も送らなければならないので更に面倒でしたが…世界一のセキュリティに守ってもらうのだからしょうがないと受け止めましょう。

取引目的を記載

職業と取引目的が聞かれます。「決済のため」「投資のため」「その他」どれかを入力しましょう。

簡易郵便を待つ

ビットフライヤー(bitFlyer)
上記の手続きが全て完了したら2~3日してビットフライヤーから簡易郵便が送られてきます。

簡易郵便なので受け取りにはサインが必要で家にいなければならない手間がありますが,それが終われば全ての登録事項は完了です。

総評~ビットフライヤー登録方法

他の日本の仮想通貨取引所でも同じですが,「二段階認証」と「本人確認書類提出」「簡易郵便の受け取り」が手間ですね(^^;)

でも上記でも書いた通り1度どこかの取引所で写真撮影などを済ませておけば違う取引所ではそれを使い回せるので最初だけ頑張って用意しましょう。

私は一人暮らしなので簡易郵便の受け取りがだいぶめんどくさかったですね…日中は仕事でいないから再配達をお願いしてその時間は家で音楽を掛けずに静かに待機して…(インターホンに気づくため)

それもこれも大事な資産を守ってもらうためだと前向きにとらえてます(笑)

その他のビットフライヤーの特徴

ビットフライヤーではこれまで紹介してきた特徴の他に

☛未成年でも登録できる
☛積み立て取引ができる
☛FX取引ができる
☛アメリカ進出

などがあります。

未成年でも登録できる

ビットフライヤー(bitFlyer)
ビットフライヤーでは次の2点の書類を提出すれば未成年でもアカウント作成できます。

・保護者の承諾書
・保護者の顔写真付き本人確認資料
(顔写真,氏名,住所,生年月日が記載されているのが必須)

未成年で「億りびと」を目指すのも今の時代じゃアリなんでしょうね。

積み立て取引ができる

ビットフライヤー(bitFlyer)
ビットフライヤーでは月々1,000円から積み立て取引が可能です。

毎月設定した金額分の仮想通貨を自動的に購入できます。

[設定できるコイン] ・ビットコイン
・イーサリアム
・モナコイン
・ライトコイン
・ビットコインcash

「毎月自動積み立てしてたらいつの間にか値上がりしてて儲かった」という人も昔はおられたみたいですが今はどうなんでしょう?(^^;)何にせよ自分で毎月コツコツ取引するのがめんどくさい人におすすめです。

※積み立て取引はクレジットカード決済で行なわれるので別途登録が必要です。

FXトレードができる

ビットフライヤー(bitFlyer)
ビットフライヤーに登録すると「ビットフライヤーライトニング」という投資サービスも利用可能です。

・ビットコインの現物・FX・先物取引ができる
・アルトコインの現物取引ができる

FXトレードでは最大15倍のレバレッジ取引ができ,少ない資金で大きな取引ができます。

…が当然リスクも伴います!
大きく儲かる時は儲かりますが損することも勿論あります。

投資は喜びと落胆が表裏一体です。投資中級者~上級者の人向けのサービスと言えるでしょう。

まずは取引所でチャートの見方から学び,もっと投資の世界に触れたくなったらFXトレードしてみるのも良いかもしれませんが…自己責任で行ないましょうね(^^;)

ビットフライヤーアメリカ進出

ビットフライヤー(bitFlyer)
ビットフライヤーは2017年秋から日本の仮想通貨取引所では始めてアメリカ進出を果たしています。
(儲かっているんですね)

グローバルなビットコイン・ブロックチェーン企業を創るという加納裕三氏の理念の下,サンフランシスコに本社を構え海外でも仮想通貨取引を行なっています。

これも企業として信用・安心感を持てる1つの要因になるでしょう。海外進出できるほどの実績を上げている会社です。

まとめ~ビットフライヤーとは?

ビットフライヤーは日本一の取引量・ユーザー数・資本金を誇る仮想通貨取引所です。

セキュリティ面も世界一の評価を受けており,海外進出も果たしているなど大切なお金を預けて取引を始めるのにおすすめの仮想通貨取引所です。

「仮想通貨取引所はどこか1つじゃないと駄目!」という決まりも特にありませんのでとりあえず登録して他の取引所を使うも良し,安心感を持ってガッツリ利用するも良しです。

何にせよ仮想通貨の世界に触れたい人は登録して始めてみましょう(^^)
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
↑↑↑(公式サイトへ)







-仮想通貨
-, ,

Copyright © ‘2018’. シコジン.net All Rights Reserved.

Copyright© シコジン.net , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.